選抜高校野球、経済効果228億/早実の清宮人気がけん引

2017/03/07 18:46

 

 選抜高校野球への意気込みを語る早実の清宮幸太郎主将=7日午後、東京都八王子市

 選抜高校野球への意気込みを語る早実の清宮幸太郎主将=7日午後、東京都八王子市

 今月開幕する選抜高校野球大会の経済効果が約228億8千万円に上るとの試算を関西大の宮本勝浩名誉教授がまとめ、7日発表した。このうちプロ野球注目の強打者、早稲田実業高の清宮幸太郎選手の出場に伴う効果は約34億2千万円で、宮本氏は「入場料が安価にもかかわらず、驚異的だ」とプレー同様の超高校級に脱帽している。

 経済効果は観客の入場料や交通費、飲食代、グッズ代などの消費支出を積み上げた。試算の前提として、清宮選手見たさに今大会の観客は前回から6・3%増の56万2千人と推定し、早実が準決勝まで勝ち残るケースを想定した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459