桐光学園・松井がプロ志望表明/1試合22奪三振の左腕

2013/09/27 18:21

 

 記者会見でプロ志望を表明する桐光学園の松井裕樹=27日、川崎市麻生区

 記者会見でプロ志望を表明する桐光学園の松井裕樹=27日、川崎市麻生区

 昨夏の全国高校野球選手権大会で1試合22奪三振の新記録をつくった桐光学園(神奈川)の左腕、松井裕樹が27日、川崎市の同校で記者会見を開き、プロ志望を表明した。同日、神奈川県高野連にプロ志望届を提出した。

 10月24日のドラフト会議で複数球団の1位指名が予想される。松井は「幼いころからの夢だったプロ野球という舞台に挑戦する決意を固めました」と話した。

 抜群の切れ味を誇るスライダーが最大の武器。ことしの春夏の甲子園大会出場はならなかったが、9月上旬に台湾で開かれた18U(18歳以下)ワールドカップでは日本の準優勝に貢献した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459