野球、日本はA組1位で2次Rへ/18UW杯

2013/09/03 17:38

 

 チェコ戦に先発し、3回を無安打無失点の高橋由=台中(共同)

 チェコ戦に先発し、3回を無安打無失点の高橋由=台中(共同)

 【台中共同】野球の18U(18歳以下)ワールドカップ第3日は3日、台湾で1次ラウンドを行い、A組の日本は台中市でチェコに15―0の六回コールドゲーム勝ちした。4戦全勝とし、同組1位での2次ラウンド進出を決めた。

 日本は一回に森友(大阪桐蔭)の適時打などで2点を先制し、二回は打者一巡の猛攻で6得点。三回以降も着実に加点した。投手陣は高橋由(山口・岩国商)、高橋光(群馬・前橋育英)、田口(広島新庄)の3投手のリレーで封じた。

 日本は4日、カナダと1次ラウンド最終戦を行う。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459