天気予報を見る
 
新聞購読申込

大船渡の佐々木、登板せず敗退/春季岩手大会1回戦

2019/05/18 15:49

 最速163キロを誇る佐々木朗希投手を擁する大船渡が18日、岩手県野田村で行われた春季岩手大会1回戦に臨み、釜石に延長十回4―5でサヨナラ負けした。「4番・右翼」で先発出場した佐々木は登板せず「チームが負けてしまったので、すごく悔しい」と話した。

 一回に4点を先取される苦しい展開から、八回に同点としたが、延長も続投した背番号10の先発、和田吟太投手がサヨナラ打を浴びた。佐々木は八回無死一、二塁で三ゴロに倒れるなど、4打数1安打1四球で「チャンスでの一本が打てなかったので、それが負けた原因かなと思う」と責任を感じた様子だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.