天気予報を見る
 
新聞購読申込

高校野球、投球制限望ましい/スポ庁の鈴木長官が支持

2019/02/04 17:41

 インタビューに答えるスポーツ庁の鈴木大地長官
 インタビューに答えるスポーツ庁の鈴木大地長官

 スポーツ庁の鈴木大地長官が4日、共同通信のインタビューに応じ、投手の投げ過ぎが指摘されている高校野球で、投球回数、球数に一定の制限を設けることが望ましいとの考えを示した。「若い人の障害予防の観点から好ましい」と述べた。国に制度導入の強制力はないが、スポーツ行政トップの発言は今後の議論に一石を投じそうだ。

 昨年12月、新潟県高野連が春季新潟大会で球数制限を導入することが明らかになった。日本高野連では全国一斉の実施、手続き上の問題から否定的な意見が出ている。鈴木長官は「一斉が望ましいが、いきなりは難しいだろう。新潟の勇気を応援したい」と支持する姿勢を示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.