天気予報を見る
 
新聞購読申込

県岐阜商監督に鍛治舎氏/秀岳館を退任、来年3月に就任へ

2017/12/25 17:50

 鍛治舎巧氏
 鍛治舎巧氏

 今夏の全国高校野球選手権大会出場を最後に秀岳館(熊本)の監督を退任した鍛治舎巧氏(66)が、母校の県岐阜商の監督に就任することが25日、分かった。この日、同校の校長から現場やOB会の総意として打診され「お受けする方向で前向きに考えたい」と返事をしたという。来年3月1日付で就任する見込み。

 鍛治舎氏は早大から1974年に松下電器(現パナソニック)に入社し、現役を退いてからは監督も務めた。2014年に秀岳館の監督に就任し、昨年の選抜大会からこの夏まで4季連続で甲子園大会出場に導いたが、今夏限りの退任を表明。12月に母校を視察、「力になりたい」と受諾した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.