天気予報を見る
 
新聞購読申込
高校野球
 
 

清宮選手、22日に進路を表明/プロ入り表明ならドラフト1位に

2017/09/21 13:32

 早実の清宮幸太郎選手
 早実の清宮幸太郎選手

 高校野球通算最多とされる111本塁打を記録した東京・早実3年の清宮幸太郎選手(18)が22日に記者会見を開き、注目される進路を表明することになった。同校が21日、発表した。プロ入りを表明すれば、10月26日のドラフト会議で複数球団の1位指名が確実視される。

 清宮選手は中学1年時にリトルリーグの世界大会優勝に貢献。抜群の長打力を武器に脚光を浴び、早実1年で出場した夏の甲子園大会で2本塁打を放った。主将を務めた今夏は甲子園出場を逃したが、これまで最多とされた107本塁打を更新した。9月にはU―18(18歳以下)日本代表の主将でワールドカップ(W杯)に出場。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.