天気予報を見る
 
新聞購読申込

履正社6―4報徳学園/履正社が九回逆転

2017/03/30 14:13

 決勝進出を決め、喜ぶ履正社ナイン=甲子園
 決勝進出を決め、喜ぶ履正社ナイン=甲子園

 履正社が土壇場の九回に4点を奪って逆転勝ちした。1点を追うこの回、代打白滝の二塁打を足場に1死一、三塁から溝辺のスクイズで同点。さらに満塁から若林の適時打と相手失策で3点をもぎ取った。四回から救援したエース竹田は、六回に1点勝ち越されたが、粘りの投球で九回につなげた。

 報徳学園は相手を上回る12安打を放ったが、逃げ切れなかった。九回の守備で併殺を狙った捕手の悪送球から余計な2点を与えたことが、最後には大きく響いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.