天気予報を見る
 
新聞購読申込

野球、日本3連勝で2次Rへ前進/安楽は完封、16奪三振

2013/09/02 22:37

 ベネズエラ戦に先発し、16奪三振で完封した安楽=斗六(共同)
 ベネズエラ戦に先発し、16奪三振で完封した安楽=斗六(共同)

 メキシコ戦に先発した飯田=斗六(共同)
 メキシコ戦に先発した飯田=斗六(共同)

 【斗六(台湾)共同】野球の18U(18歳以下)ワールドカップ第2日は2日、台湾で1次ラウンドを行い、A組の日本は斗六市でメキシコに11―0の七回コールドゲーム勝ちし、夜のベネズエラ戦も7―0で快勝し、3連勝で2次ラウンド進出へ大きく前進した。

 メキシコ戦で日本は一回に森友(大阪桐蔭)が先制打を放ち、二回に3点を追加。七回は5点を奪った。先発の飯田(茨城・常総学院)は得点を許さなかった。ベネズエラ戦は安楽(愛媛・済美)が被安打2、毎回の16奪三振で無四球完封。森友は2安打3打点の活躍だった。

 日本は3日、チェコと対戦する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.