ミケルソン首位も日没延期/米男子ゴルフ最終ラウンド

2019/02/11 12:15

 

 米男子ゴルフのAT&Tペブルビーチ・プロアマは10日、カリフォルニア州ペブルビーチのペブルビーチ・リンクス(パー72)で最終ラウンドが行われたが、一部選手が日没で競技を終了できず、サスペンデッドとなった。フィル・ミケルソン(米国)が2ホールを残し、通算18アンダーで首位に立っている。

 前日首位のポール・ケーシー(英国)は3ホールを残し、通算15アンダー。回り終えた中では、66をマークしたスコット・ストーリングズ(米国)が15アンダーでトップ。11日に残りホールを実施する。日本勢は出場していない。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459