ゴルフ、佐藤と和田が6アンダー/シンガポール・オープン第2日

2019/01/18 21:28

 

 第2日、3番で第2打を放つ佐藤大平=セントーサGC(共同)

 第2日、3番で第2打を放つ佐藤大平=セントーサGC(共同)

 第2日、1番で第2打を放つ和田章太郎=セントーサGC(共同)

 第2日、1番で第2打を放つ和田章太郎=セントーサGC(共同)

 SMBCシンガポール・オープン第2日(18日・シンガポール、セントーサGC=7403ヤード、パー71)前日から順延された第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われたが、荒天のための中断があり77人が日没までに競技を終えられなかった。36ホールを完了した選手ではポール・ケーシー(英国)とプーム・サクサンシン(タイ)が通算7アンダー、135でトップ。

 第2ラウンドに首位で臨んだ佐藤大平、3位から出た和田章太郎は通算6アンダーとした。11ホールを残す藤本佳則も6アンダー。石川遼は9番を終え4アンダーに伸ばした。今平周吾は発熱で第1ラウンド途中で棄権した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459