米男子ゴルフ、松山は15位/総合27位で最終戦出場へ

2018/09/11 05:30

 

 最終ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=アロニミンクGC(共同)

 最終ラウンド、1番でティーショットを放つ松山英樹=アロニミンクGC(共同)

 【ニュータウンスクエア(米ペンシルベニア州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は10日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、4打差の7位で出た松山英樹は4バーディー、3ボギーの69で回って通算14アンダー、266の15位だった。年間総合優勝を争う獲得ポイントで27位となり、30位までの最終戦(20日開幕)に進んだ。

 キーガン・ブラドリー(米国)が20アンダーで並んだジャスティン・ローズ(英国)をプレーオフ1ホール目で下し、6季ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459