米男子ゴルフ、松山は7位に後退/プレーオフ第3戦の第3R

2018/09/09 09:11

 

 第3ラウンド、2番でティーショットを放つ松山英樹。通算13アンダーで7位=アロニミンクGC(共同)

 第3ラウンド、2番でティーショットを放つ松山英樹。通算13アンダーで7位=アロニミンクGC(共同)

 【ニュータウンスクエア(米ペンシルベニア州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は8日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で第3ラウンドが行われ、3位で出た松山英樹は4バーディー、1ボギーの67と伸ばしたが、通算13アンダーの197で7位に後退した。首位とは4打差。

 ジャスティン・ローズ(英国)が64をマークし、通算17アンダーでトップに立った。1打差の2位にロリー・マキロイ(英国)とザンダー・シャウフェレ(米国)。66のタイガー・ウッズ(米国)は12アンダーで11位。

 悪天候のため、3時間半遅れで行われた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459