マッチプレー、今平が決勝へ/池田に1アップで勝つ

2018/09/08 17:25

 

 第6日、決勝進出を決めポーズをとる今平周吾(左)とタンヤゴーン・クロンパ=鳩山CC

 第6日、決勝進出を決めポーズをとる今平周吾(左)とタンヤゴーン・クロンパ=鳩山CC

 ISPSハンダ・マッチプレー選手権第6日(8日・埼玉県鳩山CC=7115ヤード、パー72)準決勝が行われ、賞金ランキング1位の今平周吾が2016年賞金王の池田勇太に1アップで勝ち、タンヤゴーン・クロンパ(タイ)との決勝に進んだ。

 今平は18番でバーディーを奪って競り勝った。クロンパはラタノン・ワナスリチャン(タイ)を2アンド1で破った。(出場8選手、曇り、気温28・4度、北西の風4・1メートル、観衆686人)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459