日本女子プロゴルフ、申が首位/第2日、5打差2位に大山ら

2018/09/07 19:52

 

 第2日、通算11アンダーで単独首位に立った申ジエ=小杉CC

 第2日、通算11アンダーで単独首位に立った申ジエ=小杉CC

 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日(7日・富山県小杉CC=6605ヤード、パー72)2週連続優勝を狙う申ジエ(韓国)が8バーディー、2ボギーの66をマークして通算11アンダーの133で単独首位に立った。5打差の2位に小祝さくら、大山志保、福田真未、テレサ・ルー(台湾)が並んだ。

 通算5アンダーの6位に菊地絵理香、石川明日香、岩橋里衣ら5人がつけた。2012年大会優勝の有村智恵が4アンダーの11位、賞金ランキングトップの鈴木愛は3アンダーの14位。2オーバーまでの61人が決勝ラウンドに進んだ。(出場132人、雨、気温24・4度、西南西の風4・3m)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459