男子ゴルフ、藤田が単独首位/VISA太平洋マスターズ

2014/11/14 17:03

 

 第2日、18番でイーグルパットを沈め、ガッツポーズする藤田寛之=太平洋クラブ御殿場

 第2日、18番でイーグルパットを沈め、ガッツポーズする藤田寛之=太平洋クラブ御殿場

 三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(14日・静岡県太平洋クラブ御殿場、パー72)今季3勝で賞金ランキング2位の藤田寛之が1イーグル、3バーディー、2ボギーの69で回り、通算8アンダーの136で単独トップとなった。70だったバッバ・ワトソン(米国)が1打差の2位。

 さらに1打差で崔虎星(韓国)とデービッド・オー(米国)が3位。山下和宏、68で回った武藤俊憲ら5人が通算5アンダーで5位に並んだ。石川遼は75と乱れ、4オーバーでぎりぎり予選を突破。66選手が決勝ラウンドに進み、賞金ランク1位の小田孔明は7オーバーで予選落ちした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459