米男子ゴルフ、松山2打差の4位/フェニックスOP最終日

2014/02/03 08:55

 

 最終ラウンド、2打差の4位に終わった松山英樹=TPCスコッツデール(共同)

 最終ラウンド、2打差の4位に終わった松山英樹=TPCスコッツデール(共同)

 【スコッツデール(米アリゾナ州)共同】米男子ゴルフのフェニックス・オープンは2日、アリゾナ州スコッツデールのTPCスコッツデール(パー71)で最終ラウンドが行われ、首位と3打差の3位から出た松山英樹は69で回り通算14アンダー、270で2打差の4位となった。3バーディー、1ボギーの堅実なゴルフで初優勝に迫ったが、終盤に伸ばしきれなかった。

 68をマークしたケビン・スタドラー(米国)が通算16アンダーで米ツアー初優勝を果たし賞金111万6千ドル(約1億1400万円)を獲得。バッバ・ワトソン(米国)グラハム・デュレット(カナダ)が1打差の2位だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459