国内過去最少の23試合/男子ゴルフの来季日程

2012/12/06 17:54

 

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日、来季の男子ツアー日程を発表し、国内で実施される試合に限れば、1増3減となって二つ減り、過去最少の23試合になった。海外ツアーとの共催による東南アジアの2試合が賞金加算対象となり、これを合わせて4季連続で25試合となった。賞金総額は今季の33億6千万円からやや減の見通し。

 撤退したのはとおとうみ浜松オープン、サン・クロレラ・クラシック、キヤノン・オープン。新規でHEIWA・PGMドリーム・カップ(11月)が行われる。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459