ゴルフ上原2位浮上、有村9位/米女子最終予選会

2012/12/01 09:22

 

 米女子ゴルフツアーの来季出場権をかけた最終予選会は11月30日、米フロリダ州デイトナビーチのLPGAインターナショナルの2コース(ともにパー72)で第3ラウンドを行い、4位から出た上原彩子が69で回り、通算7アンダーの209で首位と6打差の2位に浮上した。有村智恵は72と伸ばせず3アンダーの9位となった。

 片平光紀は通算1オーバーの24位、野村敏京は6オーバーの70位、金子絢香は78と崩れ7オーバーの75位に後退した。

 大会は5ラウンドで行われ、上位70人が最終日に進出。40位以内が来季の優先出場権を獲得する。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459