天気予報を見る
 
新聞購読申込

ゴルフ全米OP、日本最終予選/市原、今平、堀川が出場権獲得

2019/05/27 18:12

 全米オープン選手権の出場権を獲得した(左から)今平周吾、市原弘大、堀川未来夢=桑名CC
 全米オープン選手権の出場権を獲得した(左から)今平周吾、市原弘大、堀川未来夢=桑名CC

 堀川未来夢、市原弘大、今平周吾
 堀川未来夢、市原弘大、今平周吾

 男子ゴルフのメジャー第3戦、全米オープン選手権(6月13日開幕・カリフォルニア州ペブルビーチ)の日本地区最終予選は27日、三重県の桑名CC(7210ヤード、パー72)で33選手が参加して行われ、市原弘大、今平周吾、堀川未来夢の3選手が出場権を獲得した。市原と堀川は初の本戦出場となる。

 予選は36ホールのストロークプレーで争われた。市原は通算13アンダーの131でトップ通過し、今平が1打差の2位で続いた。さらに1打差で堀川がチャン・キム(米国)と並び、プレーオフを制して出場を決めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.