天気予報を見る
 
新聞購読申込

米男子ゴルフ、松山29位に後退/第3日

2018/05/20 08:56

 第3ラウンド、16番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算7アンダー=トリニティフォレストGC(共同)
 第3ラウンド、16番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算7アンダー=トリニティフォレストGC(共同)

 【ダラス共同】米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは19日、ダラスのトリニティフォレストGC(パー71)で第3ラウンドが行われ、20位で出た松山英樹は、強風の中2バーディー、2ボギーの71と伸ばせず通算7アンダー、206で首位と10打差の29位に後退した。

 マーク・リーシュマン(オーストラリア)とアーロン・ワイズ(米国)が通算17アンダーでトップに並び、4打差の3位にケビン・ナ(米国)とマット・ジョーンズ(オーストラリア)がつけた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.