ソフト女子、太陽誘電が接戦制す/デンソー、伊予銀行も勝利

2019/04/14 18:07

 

 太陽誘電―豊田自動織機 2安打完封した太陽誘電・藤田=パロマ瑞穂野球場

 太陽誘電―豊田自動織機 2安打完封した太陽誘電・藤田=パロマ瑞穂野球場

 ソフトボールの日本リーグ女子は14日、名古屋市のパロマ瑞穂野球場で開幕節の残り3試合が行われ、昨年3位の太陽誘電が同4位の豊田自動織機を1―0で下した。デンソー、伊予銀行も勝った。

 太陽誘電は六回1死から藤田が三塁打で出塁し、中溝が右前適時打を放った。エース藤田は2安打完封。デンソーはシオノギ製薬に1―0で勝ち、伊予銀行はNECプラットフォームズに延長八回タイブレークの末、3―2でサヨナラ勝ちした。日本リーグは12チームによる2回戦総当たりで争われ、4位までが決勝トーナメントに進む。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459