バレー、パナがJT下し2連覇/Vリーグ男子

2019/04/14 18:32

 

 パナソニック―JT 第2セット、スパイクを決めるパナソニック・大竹=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 パナソニック―JT 第2セット、スパイクを決めるパナソニック・大竹=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バレーボールのVリーグは14日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男子決勝第2戦が行われ、パナソニックがJTを3―0で下して2連勝とし、日本リーグ時代を含め2季連続7度目の優勝を果たした。

 パナソニックは第1セットを26―24で先取。第2セットは大竹の活躍などで25―20と連取し、第3セットも流れを渡さず、25―20で奪った。この日にチーム最多の23点を挙げたパナソニックのクビアクが最高殊勲選手賞に輝き、敢闘賞にはJTのエドガーが選ばれた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459