バスケ富樫「勝ちにいきたい」/男子W杯予選最終戦へ

2019/02/24 09:46

 

 カタール戦に向け調整する富樫。左はラマス監督=ドーハ(共同)

 カタール戦に向け調整する富樫。左はラマス監督=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】バスケットボール男子の日本代表は24日、今夏のワールドカップ(W杯)出場権を懸けてカタールとのアジア2次予選最終戦に臨む。23日は試合会場でシュート練習などで調整し、富樫(千葉)は「残り1試合勝ちにいきたい。本当に楽しみ」と胸を高鳴らせた。

 日本はアジア予選4連敗後に7連勝と巻き返し、最終戦を迎えた。カタールに勝てば21年ぶりの自力出場が決まり、負けても他会場の結果次第で出場権を得られる可能性がある。カタールには昨年11月の対戦では38点差で勝っており、得点源の比江島(栃木)は「僕らの力を出せれば勝てる」と自信をにじませた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459