ジャンプ、小林陵が予選首位通過/W杯6連勝懸け本戦へ

2019/01/12 08:24

 

 W杯ジャンプ男子個人第12戦の予選を1位で通過した小林陵侑=バルディフィエメ(共同)

 W杯ジャンプ男子個人第12戦の予選を1位で通過した小林陵侑=バルディフィエメ(共同)

 【バルディフィエメ(イタリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は11日、イタリアのバルディフィエメで個人第12戦(ヒルサイズ=HS135メートル)の予選が行われ、6日までのジャンプ週間で4戦4勝の完全制覇による総合王者に輝いた小林陵侑は134・5メートルを飛び、146・5点の首位で12日の本戦に進んだ。

 大躍進で知名度は一気に上がり、記念撮影を求めるファンも増えた。史上最多に並ぶW杯6連勝が懸かる本戦へ「いつもチャレンジャーとしてやっているので変わらない。ビッグジャンプをして見に来てくれる人に喜んでもらいたい」と意気込んだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459