バドミントン桃田、奥原が8強/福州中国オープン

2018/11/09 00:45

 

 バドミントンの福州中国オープンは8日、福州で各種目の2回戦が行われ、シングルスで男子の桃田賢斗(NTT東日本)がデンマーク選手を2―0で下し、準々決勝に進んだ。女子の奥原希望(日本ユニシス)は韓国選手に2―0で勝ち、高橋沙也加(日本ユニシス)とともに8強入り。女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)も突破した。

 女子シングルスで第2シードの山口茜(再春館製薬所)、男子シングルスの西本拳太(トナミ運輸)、坂井一将(日本ユニシス)は敗れた。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459