フィギュア宮原が首位、坂本2位/GPシリーズ第1戦

2018/10/21 13:43

 

 女子ショートプログラムで首位となり、喜ぶ宮原知子=20日、米ワシントン州エバレット(ゲッティ=共同)

 女子ショートプログラムで首位となり、喜ぶ宮原知子=20日、米ワシントン州エバレット(ゲッティ=共同)

 【エバレット(米ワシントン州)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが20日、米ワシントン州エバレットで行われ、女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(関大)が73・86点で首位に立った。坂本花織(シスメックス)が71・29点で2位につけ、本田真凜(JAL)は62・74点で4位。フリーは21日(日本時間22日)に行われる。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459