男子バレー強豪松本国際高で体罰/全国準優勝の監督が辞職

2018/10/16 19:06

 

 長野県松本市の松本国際高は16日、男子バレーボール部の壬生義文監督(62)が体罰を理由に4日付で辞職したと発表した。同校は前身の創造学園高時代、「春高バレー」とも呼ばれる全国大会で準優勝したこともある強豪校。

 松本国際高によると、壬生氏は昨年度、複数回にわたり、部活中の部員に「行き過ぎた指導をした」という。生徒のプライバシー保護を理由に具体的な内容を明らかにしていないが、「体罰を指摘されるようなことがあった」としている。

 壬生氏は同県岡谷市の岡谷工高監督時代、全国大会で3連覇した後、創造学園高の監督に。2012年に準優勝を果たすなど強豪校に育て上げた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459