大坂Vの決勝視聴者は310万人/全米テニス、米国内で高い注目

2018/09/12 08:33

 

 【ニューヨーク共同】米スポーツ専門局ESPNは11日、テニスの全米オープンで大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破った8日の女子シングルス決勝が放送したカードで最も視聴者数が多く、310万1千人だったと発表した。同局が大会全期間の放送を開始した2015年以降の女子決勝では最多となった。

 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)を退けて優勝した男子シングルス決勝の視聴者が206万5千人。女子決勝は男子決勝より100万人以上も視聴者が多く、米国内で高い注目を集めた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459