イルカショーで謝罪/日本セーリング連盟

2018/09/11 15:36

 

 日本セーリング連盟の河野博文会長は11日、ワールドカップ(W杯)江の島大会の開会式で披露されたイルカショーが、国際連盟に問題視されたことを受け「イルカの扱いは国、個人によって考え方が違う。不快な思いをされた方がいれば、おわびしたい」と述べた。

 開会式は9日に神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館で行われ、イルカがジャンプする演出が一部の外国選手から疑問視された。海外では野生のイルカやクジラを保護する動きが広まっており、河野会長は「センシティブな問題ということを認識するべきだった。慎重さを欠いた」と反省した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459