テニス日本女子、WG2部復帰/フェド杯で英国破る

2018/04/22 19:16

 

 日本―英国 英国を破り抱き合って喜ぶ加藤(右)、二宮組=ブルボンビーンズドーム

 日本―英国 英国を破り抱き合って喜ぶ加藤(右)、二宮組=ブルボンビーンズドーム

 女子テニスの国別対抗戦、フェド杯ワールドグループ(WG)2部入れ替え戦、日本―英国最終日は22日、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで行われ、日本はシングルスでエース大坂なおみが敗れたが、奈良くるみとダブルスで加藤未唯、二宮真琴組が勝ち、通算3勝2敗で2014年以来のWG2部復帰を決めた。

 日本は世界ランキング22位の大坂が世界23位のジョアンナ・コンタに3―6、3―6で屈し、100位の奈良が77位のヘザー・ワトソンを7―6、6―4で破った。最終試合で加藤、二宮組がコンタ、ワトソン組に3―6、6―3、6―3で逆転勝ちした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459