柔道・井上監督、快勝に慢心せず/男子日本代表がGSパリから帰国

2018/02/13 18:14

 

 柔道のグランドスラム・パリ大会を終え帰国し、取材に応じる100キロ超級の影浦心=13日、羽田空港

 柔道のグランドスラム・パリ大会を終え帰国し、取材に応じる100キロ超級の影浦心=13日、羽田空港

 11日に終了した柔道のグランドスラム・パリ大会の男子日本代表が13日、羽田空港に帰国し、井上康生監督は4階級制覇の快勝に「大きな収穫ではあるが、これは始まりにすぎない。海外選手のピーキングはここではない」と慢心がなかった。

 寝技から立ち技への移行が可能となるなど、今年からルールが修正。井上監督は「ネガティブな点はあまり見られなかった。ただ海外勢はここから新ルールを活用した闘い方をしていくだろう」と警戒心を強めた。

 今大会は90キロ級で22歳の向翔一郎(日大)、81キロ級で19歳の藤原崇太郎(日体大)ら若手が頂点に立った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459