柔道パリ大会、影浦や向ら優勝/女子の新井2位

2018/02/12 10:20

 

 男子90キロ級で優勝した向翔一郎(左)=パリ(AP=共同)

 男子90キロ級で優勝した向翔一郎(左)=パリ(AP=共同)

 柔道のグランドスラム・パリ大会は11日、パリで行われ、男子100キロ超級の影浦心(東海大)、90キロ級の向翔一郎(日大)、81キロ級の藤原崇太郎(日体大)が優勝した。

 女子は70キロ級で昨年の世界選手権覇者、新井千鶴(三井住友海上)が決勝で敗れた。78キロ級の浜田尚里(自衛隊)と78キロ超級の素根輝(福岡・南筑高)は3位だった。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459