ラグビー7人制代表帰国/W杯決め「いい経験」

2017/10/16 19:29

 

 帰国し、取材に応じるラグビー7人制女子日本代表の中村=16日、成田空港

 帰国し、取材に応じるラグビー7人制女子日本代表の中村=16日、成田空港

 ラグビー7人制の2018年ワールドカップ(W杯)予選を兼ねたアジアシリーズで総合1位となり、W杯出場権を獲得した男女の日本代表が16日、成田空港に帰国し、女子で主将を務めた中村(アルカス熊谷)は「力強さと気持ちの強さで戦えた。いい経験になった」と手応えを語った。

 女子は15日まで行われたスリランカ大会の決勝で中国に10―5で競り勝つなど、負けなしで2大会を制した。稲田ヘッドコーチは「グラウンドの状況が悪くても勝ち切れたのは選手にとって貴重な経験」と評価した。

 3大会で争った男子は全て決勝に進んだが、第2戦、最終戦で優勝を逃した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459