男子テニス、内山組が決勝進出/日本ペアでは12年ぶり

2017/10/07 21:07

 

 ダブルスで決勝進出を決めたマクラクラン(右)、内山組=有明テニスの森公園

 ダブルスで決勝進出を決めたマクラクラン(右)、内山組=有明テニスの森公園

 男子テニスの楽天ジャパン・オープン第6日は7日、東京・有明テニスの森公園で行われ、ダブルス準決勝で主催者推薦出場のマクラクラン・ベン、内山靖崇組がサンティアゴ・ゴンサレス(メキシコ)フリオ・ペラルタ(チリ)組に7―5、6―4で勝ち、決勝に進んだ。日本ペアの決勝進出は2005年に優勝した岩渕聡、鈴木貴男組以来12年ぶり。

 シングルス準決勝では第1シードのマリン・チリッチ(クロアチア)がアドリアン・マナリノ(フランス)に敗れた。昨年準優勝の第4シード、ダビド・ゴフィン(ベルギー)は第8シードのディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)を下した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459