本田真凜、SP変更の意向/「衝撃な」ピアノ曲に

2017/08/30 18:02

 

 練習を公開した本田真凜=大阪府高槻市の関大アイスアリーナ

 練習を公開した本田真凜=大阪府高槻市の関大アイスアリーナ

 フィギュアスケート女子で平昌冬季五輪代表を目指す今季、シニアデビューする本田真凜が30日、拠点とする大阪府高槻市の関大アイスアリーナで練習を公開し、ショートプログラム(SP)をピアノ曲に変更する意向を明らかにした。SPでタンゴを滑り込んでいたが、新たに振り付け、10月後半に開幕するグランプリ・シリーズに間に合わせるという。

 本田は約1週間前に「(浜田美栄)先生の車に乗っていたときにたまたま聞いた。すごく衝撃なぐらいすてきな音楽に出合った」と説明し、曲名は現時点で非公表ながらも「自分が滑っているのがすごくイメージできた」と笑顔を見せた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459