陸連、堤の円盤投げ記録公認せず/安全確保の規則に違反と

2017/08/24 18:38

 

 日本陸連は24日、男子円盤投げで堤雄司(群馬綜合ガードシステム)が7月22日に東京都の国士舘大で開催された記録会でマークした、当時の日本記録を上回る60メートル37を公認しないと発表した。競技規則で定められた安全確保のための囲いがない状態で行われたため。

 ただ、堤は約1カ月後の8月18日に埼玉県で行われた関東選手権で、60メートル54とさらに距離を伸ばして38年ぶりの日本記録更新を果たした。川崎清貴が1979年に出した60メートル22が、男女の全種目を通じて最古の日本記録だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459