バレー男子、7年ぶりに白星発進/Wリーグ、チェコを逆転

2015/05/30 19:14

 

 日本―チェコ 第2セット、スパイクを決め喜ぶ栗山(右から2人目)ら日本代表=岡山県体育館

 日本―チェコ 第2セット、スパイクを決め喜ぶ栗山(右から2人目)ら日本代表=岡山県体育館

 バレーボール男子のワールドリーグ岡山大会第1日は30日、岡山県体育館でグループ2のD組の1試合が行われ、ことし最初の国際大会に臨んだ世界ランキング21位の日本は26位のチェコに3―1で逆転勝ちした。ワールドリーグで白星発進したのは2008年以来。

 ミスから第1セットを先取された日本は栗山(サントリー)の巧打でリズムを取り戻し、17得点した中大2年の石川や主将の清水(パナソニック)の活躍で3セットを連取した。

 大会には32チームが参加。日本はフランス、韓国とも同組で、ホームアンドアウェー方式で12試合が行われ、1位は次のステージに進む。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459