早大、6季ぶりVに王手/石井がサヨナラ本塁打

2015/05/18 16:24

 

 東京六大学野球リーグ第6週第3日は18日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、早大が明大に2―1でサヨナラ勝ちして2勝1敗とし、勝ち点4で首位を堅持した。

 早大は30日からの最終週で慶大から1勝すれば、6季ぶり44度目の優勝が決まる。勝ち点を落として法大と慶大に勝ち点4で並ばれても勝率で上回る。

 九回に追い付かれた早大は、その裏に石井が右翼へリーグ戦初本塁打を放った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459