走り高跳びの戸辺は4位/陸上のダイヤモンドリーグ

2015/05/18 00:25

 

 陸上のダイヤモンドリーグ第2戦、上海大会は17日、上海で行われ、男子走り高跳びで戸辺直人(つくばツインピークス)は世界選手権(8月・北京)の参加標準記録を突破する2メートル29で4位だった。ムタズ・エサ・バルシム(カタール)が2メートル38で優勝し、ボーダン・ボンダレンコ(ウクライナ)が2メートル32で2位だった。

 男子400メートルはロンドン五輪金メダルのキラニ・ジェームズ(グレナダ)が44秒66で制し、女子5000メートルはアルマズ・アヤナ(エチオピア)が14分14秒32で勝った。(共同)

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459