陸上、桐生は100m決勝を棄権/左もも裏に張り、関東学生

2015/05/15 18:56

 

 男子100メートル準決勝を走り終えた桐生祥秀。決勝は棄権した=日産スタジアム

 男子100メートル準決勝を走り終えた桐生祥秀。決勝は棄権した=日産スタジアム

 陸上の関東学生対校選手権第2日は15日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子100メートルで日本人初の9秒台突入が期待される桐生祥秀(東洋大)は左太もも裏の張りのため決勝を棄権し、2連覇はならなかった。10秒37で2組1着となった同日の準決勝でけいれんし、大事を取った。ケンブリッジ飛鳥(日大)が10秒33で初優勝。

 男子走り幅跳びは高政知也(順大)が大会記録を10センチ更新する8メートル03で初制覇、同110メートル障害の増野元太(国際武道大)も13秒64の大会新記録で2連覇した。

 女子100メートルの土井杏南(大東大)は11秒72で昨年に続いて勝った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459