メイウェザー、翻意し拒否/パッキャオとの再戦で

2015/05/08 11:56

 

 世界ウエルター級王座統一戦で、パッキャオ(左)にパンチを浴びせるメイウェザー=2日、ラスベガス(ロイター=共同)

 世界ウエルター級王座統一戦で、パッキャオ(左)にパンチを浴びせるメイウェザー=2日、ラスベガス(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】ボクシングで「世紀の対決」と注目された2日の世界ウエルター級王座統一戦で、マニー・パッキャオ(フィリピン)に判定勝ちしたフロイド・メイウェザー(米国)が翻意し、パッキャオと再戦しない意向を表明したと7日、米スポーツ専門局ESPN(電子版)が伝えた。ケーブルテレビ大手ショータイムのインタビューで答えたという。

 メイウェザーは6日に右肩を手術した相手と1年後に再戦する姿勢を示していたが「気が変わった。現時点ではノーだ。彼が痛々しい敗者で臆病者だからだ」と話した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459