シンクロ、安部・足立組デビュー/新種目の混合、女子に交じり2位

2015/05/03 20:48

 

 日本選手権で大会デビューを果たし、声援に応える安部(右)、足立組=東京辰巳国際水泳場

 日本選手権で大会デビューを果たし、声援に応える安部(右)、足立組=東京辰巳国際水泳場

 シンクロナイズドスイミングの新種目、混合デュエットで夏の世界選手権(カザニ=ロシア)に出場する安部篤史(トゥリトネス水泳部)足立夢実(国士舘シンクロク)組が3日、東京辰巳国際水泳場で行われた日本選手権で大会デビューを果たし、ほかは女子ばかりのデュエット・フリールーティン(FR)予選で2位の85・6667点をマークした。

 シンクロ初の男子代表となる安部はゼラチンで髪を固め、上半身も覆った色鮮やかな水着で登場。「ドラキュラ」がテーマの演目の冒頭で足立の首元にかみつくしぐさを見せ、パートナーを脚ではね上げる高いジャンプで観客を沸かせた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459