WBO粟生計量パス、相手は超過/「ベルトを持って帰る」

2015/05/01 10:35

 

 WBOライト級王座決定戦12回戦の前日計量を行い、ポーズをとる粟生隆寛(左)とレイムンド・ベルトラン=4月30日、米ラスベガス(共同)

 WBOライト級王座決定戦12回戦の前日計量を行い、ポーズをとる粟生隆寛(左)とレイムンド・ベルトラン=4月30日、米ラスベガス(共同)

 【ラスベガス共同】世界ボクシング機構(WBO)ライト級王座決定戦12回戦の前日計量が4月30日、米ネバダ州ラスベガスの試合会場で行われ、3階級制覇を目指す粟生隆寛(帝拳)は1回目に61・1キロでパスした。同級4位で対戦相手のレイムンド・ベルトラン(メキシコ)は体重超過となり、粟生が勝てば新王者となるが、それ以外の場合、王座は空位のままとなる。

 試合は5月1日(日本時間2日)に行われる。同級1位の粟生は記者会見で「勝ってベルトを持って帰る。それだけ。いい試合をしたい」と落ち着いた表情に意欲をのぞかせた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459