ボクシング高山「すごく楽しみ」/ダブル世界戦会見

2014/12/30 17:16

 

 ポーズをとるIBF・WBOミニマム級王座決定戦に挑む高山勝成(左)と世界初挑戦の大平剛=30日、大阪市

 ポーズをとるIBF・WBOミニマム級王座決定戦に挑む高山勝成(左)と世界初挑戦の大平剛=30日、大阪市

 ボクシングのダブル世界戦(31日・ボディメーカーコロシアム)の調印式と記者会見が30日、大阪市内で行われ、国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング機構(WBO)のミニマム級王座決定戦で、日本初の主要4団体制覇に挑む高山勝成(仲里)は「いよいよ闘える。すごく楽しみ」と表情を引き締めた。

 前戦は8月に敵地でフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ)とのIBF、WBO王座統一戦に敗れた。同選手の王座返上で好機が訪れ、今回は出身地の大阪が舞台となるだけに「ホームで勇気や希望を与えられる試合をしたい」と意気込んだ。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459