王者の内山「減量きつくない」/トリプル世界戦前日計量

2014/12/30 14:38

 

 前日計量をパスし、ポーズをとるイスラエル・ペレス(左)と内山高志=30日、東京都品川区

 前日計量をパスし、ポーズをとるイスラエル・ペレス(左)と内山高志=30日、東京都品川区

 世界ボクシング協会(WBA)トリプルタイトルマッチ(31日・大田区総合体育館)の計量が30日、東京都内で行われ、スーパーフェザー級王者の内山高志(ワタナベ)はリミットより0・1キロ軽い58・8キロで「減量はきつくなかった」と余裕を漂わせた。挑戦者のイスラエル・ペレス(アルゼンチン)は58・6キロ。

 スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベ)は下着を脱いでリミットの52・1キロとし「倒すしかない」と気合のコメント。ノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)は51・9キロでパスした。

 ライトフライ級で世界初挑戦の田口良一(ワタナベ)は王座奪取を誓った。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459