ジャンプ伊藤が優勝、高梨2位/男子は伊東、竹内がV

2014/12/14 16:15

 

 表彰台に並ぶ優勝した伊藤有希(右)と2位の高梨沙羅=名寄市ピヤシリシャンツェ

 表彰台に並ぶ優勝した伊藤有希(右)と2位の高梨沙羅=名寄市ピヤシリシャンツェ

 ノルディックスキーの吉田杯ジャンプ大会は14日、北海道の名寄市ピヤシリシャンツェ(HS100メートル、K点90メートル)で行われ、女子は伊藤有希が1回目に92メートル、2回目に最長不倒の94・5メートルを飛び、240・5点で優勝した。高梨沙羅は90メートル、92・5メートルの230・0点で2位だった。

 男子は1回目に95メートル、2回目に最長不倒の97・5メートルをマークした伊東大貴と、94・5メートル、96メートルを飛んだ竹内択が合計251・5点で並び、優勝を分け合った。3位に渡部陸太が続いた。42歳の葛西紀明は出場しなかった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459