スケート女子で、小平10位/スピードW杯第3戦第2日

2014/12/07 00:13

 

 【ベルリン共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦第2日は6日、ベルリンで行われ、女子1000メートルで小平奈緒(相沢病院)は1分17秒05で10位だった。ブリタニー・ボウ(米国)が1分14秒81で今季初勝利を挙げた。

 女子団体追い抜きの日本(高木菜、田畑、菊池)は3分4秒00で3位に入り、第1戦に続いて表彰台に立った。オランダが2分59秒72で勝った。

 格下のBクラスで女子1000メートルは住吉都(ローソン)の3位、男子1000メートルは中村駿佑(法大)の17位が日本勢最高だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459