内村航平、世界体操代表に/実績評価で選考会免除

2014/12/04 21:09

 

 内村航平

 内村航平

 日本体操協会は4日、東京都内で理事会を開き、世界選手権男子個人総合で5連覇したエース内村航平(コナミ)の実績を評価し、選考会免除で2016年リオデジャネイロ五輪の出場権が懸かる世界選手権(来年10〜11月・グラスゴー=英国)代表に決めた。

 水鳥寿思男子強化本部長は「国内大会で選考せずに早く内定を出しても、彼ならしっかり合わせてくれると信頼している」と語った。代表6人のうち個人総合の成績で3人を選ぶ方針で、内村を除く残り2人は来年5月のNHK杯(国立代々木競技場)で決める。内村は12年ロンドン五輪や昨年の世界選手権でも早々に代表入りした。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459