JBC、林氏の処分解除へ/マッチメーカー、和解成立

2014/04/24 21:35

 

 「新団体設立を図るなどボクシング界の秩序を乱した」として、日本ボクシングコミッション(JBC)が、2012年8月にマッチメーカーの林隆治氏に下したライセンス無期限停止処分が解除されることが24日、JBC関係者の話で分かった。

 世界戦を手掛けるなど国際的なマッチメーカーとして活動していた林氏は日本スポーツ仲裁機構に処分の取り消しを申し立てたが、JBCが応じなかったため、東京地裁に地位確認と慰謝料の支払いを求めて提訴した。林氏から謝罪があり、同日に和解が成立した。近日中に資格審査委員会で処分解除が決まり、発表される見通し。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459